STIフードホールディングス

MISSION ①|長寿の日本を、守る。

83.5175歳

日本人の世界最長寿は、魚からの贈り物です。( Why Do Japanese People Live So Long ? )※厚生労働省発表 2012年の日本人の平均寿命は男性79.94歳、女性86.41歳。

肉食中心の食文化に、歯止めをかけるイノベーターに。

魚を通じて、DHAやEPAをたっぷり摂取してきた日本。海の恵みは、長寿の要因の一つです。
家畜ミート一辺倒の日本にするものか。日本の食文化の健康力を減退させるものか。
STIフードホールディングスの決心は、きょうも独創性に満ちた新鮮食品として、世の中にあふれます。

新しい価値に挑戦し続ける。海のめぐみをもっと。

水産素材を生かした食品をより広くポピュラーにするために、私たちにできること。
STIフードホールディングスは、海のちからと、社会の新しい生活インフラを
めざす㈱セブン-イレブン・ジャパンの力を借りながら、都会だけでなく、海辺の町や山あいの町まで届けます。

1/3

MISSION ②|日本伝統のうま味を、絶やさない。広げる。

こわれそうな和食の繊細、料亭の品質を、量産する。伝統のうま味を15歳にも。

STIフードホールディングスは挑戦します。OLD IS NEW!

水産素材を使った新しい地中海風にも挑む。和洋のユニークな融合にもトライする。
そんな数ある挑戦の中で最も難度が高いのは、じつは新機軸よりも、
伝統から新しい波を起こすこと。だから私たちは挑みます。
こわれそうな高級料亭の繊細な品質を量産化し、
「もっと身近なおいしさ」にしていきます。

一流と比べ、勝負し、一流だけをつくる。ライバルは、食品メーカーではない。

たとえば北海道一の寿司屋、赤坂の料亭、銀座のレストランと勝負しています。
「本物の和の味」を特別な人しか味わえない社会は、文化的に貧困。
ふつうの町で暮らす、ふつうの少年やご高齢者にも、
もっと広くもっとフレンドリーに提供していきます。

欧米の「足し算」の味ではなく、和の「引き算」の味を。

西洋的な足し算の濃密な味覚ではなく、生の海鮮をはじめ、
良質の昆布、鰹節、干し椎茸など、素材からうま味を引き出す「引き算」の繊細な和風。
これらの「高級」を、もっと「カジュアル」にするために。
私たちは100年200年、挑戦をやめません。

1/3

MISSION ③|漁業にチカラを。漁師さんたちの顔を、もっと景気よくする。

「オレ、漁師になりたい。」あと継ぎの10代20代であふれる、ぴちぴちの漁師町を。

STIフードホールディングスは、海外だけではなく、日本の素材にもこだわる。

日本の漁業をもっと盛り上げたい。わびしさが漂う漁師町は趣がある、なんてとんでもない。
日本の漁業を守るために、日本の漁場をもういちど若いエネルギーがあふれる場所にしたい。
だから私たちは、日本の新鮮な水産素材にこだわります。

近海の鮮魚で、売れる量産品をつくる。日本の漁場に利益を還元できる。

近海のおいしい魚は主にお刺身にしか流れない。
量産が前提の調理用は、加工賃も安いので海外からの調達が主流。
この習慣に、STIフードホールディングスはメスを入れました。日本の漁師が獲った近海の魚を大量に買い取る。
鮮度・大きさ・太さなど、量産材料としての品質基準をしっかりと設定し、ふるいにかける。
海外輸入よりも新鮮な近海の魚を、ばらつきのない素材に変えて、大量に売れる商品をつくる。
結果、漁師のみなさんに、利益を還元できる。このサイクルを、私たちは目指しています。
コストが安いからと海外一辺倒になることは、自らが立っている足場を潰すことにつながる。
日本の漁業に未来がなければ、日本の食品メーカーの未来も開かない。
STIフードホールディングスは、そう信じています。

1/3