STIフードホールディングス

MARKETING ①|コンビニに健康イメージを。

「食事はセブンイレブンだよ。」ムスコの一言に、故郷の母もホッと安心。コンビニの健康力を高めます。

ものづくりと売り場が一体となって、どこよりも早く、潜在ニーズを。

食品メーカーであるSTIフードホールディングスが、(株)セブン−イレブン・ジャパンの協力を得て
市場の変化を先まわりして新商品を開発しています。

従来のコンビニのイメージを打破し、より健康志向で大人志向に。

もはや全国を広くカバーするコンビニの役割は、利便性をサポートするだけではいけない。
いまやコンビニは、地域で暮らすあらゆる年齢層の健康をサポートする安全でおいしい
暮らしのライフラインとして、本物のおいしさを届けている。STIフードホールディングスは
これからも新しい商品を開発しつづけることでその一翼を担っていきます。

1/3

MARKETING ②|商品開発と商品のディスプレイ戦略をミックス。

単なる商品の開発ではない。『買いたい気持ち』と『買いたくなる見せ方』も、同時に提案しています。

発揮中です。マーケティング脳とマーチャンダイジング脳。

言うまでもなく、小売店は、商品だけでできているわけではありません。
どの年齢層や階層に、どのような性格の商品を、いくらで販売するか。顧客単価はどう考えるか。
そんなマーケティング戦略が不可欠です。さらには、どのような品ぞろえを実現するか。
どんな考えで棚割りをし、誰を狙ってディスプレイをするか。
そんなマーチャンダイジング戦略も欠かせません。
商品開発とその2つの戦略がミックスしてようやく、
『買いたくなるお店』をつくることができるのです。
STIフードホールディングスは、単なる商品のサプライヤーにとどまらず、
総合的な戦略頭脳を発揮。

たとえば1つの素材で、2種の食を創造し、男女を取り込む。

たとえば、ビールのおつまみとして“タコぶつ”を企画するだけではなく、
ブロッコリーとバジルソースと組み合わせてサラダとしてタコを供する。
前者は主に男性に人気で、後者は女性のハートをつかむ。
つまり、1つの素材を2種のメニューに仕立て、男女の両ターゲットに訴求。
人々の中に眠る食への新しい期待、STIフードホールディングスが掘り起こしています。

2/3